読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoketoの投資家への道

ひょんなことから投資に興味を持った。どんどんお金を運用するぞ!っと。

ネットワークビジネスで一番大事なのは会社の成熟度 ピラミッドの上にいける自信があるなら参入するといい

スポンサーリンク

satoketoこと、私です。今回、怪しげなネットワークビジネスについて何度か体験して思ったことを書いていきたいと思います。一つ言っておきたいのは、私はネットワークビジネスはやっていないです。商品がいい・使っていきたいと思われるものが見当たらなかったので、誰かに紹介しようという気にならなかったです。商品を紹介するというのは、そういうことだと思っているので、性に合わないのかもしれないですね。

 

とはいえ、ネットワークビジネスについてちゃんと話を聞いた会社があります。

ジェネシスピュア

・TIENS JAPAN(ティエンズ)

の2社です。

 

両方共、サプリメントやコスメ等を取り扱っている会社です。ネットワークビジネスをしている会社はサプリやコスメといった「女性が扱う」商品が多いようです。おそらく、女性のクチコミやコミュニティが生き残ってくるビジネスなのでしょうね。

 

ネットワークビジネスというと、マルチ商法とかネズミ講、相当怪しくて危険な臭いがぷんぷんする商売と紙一重、一緒だと思われる方も多いです。

しかし、マルチ商法ねずみ講というものは、実態のないものをあるかのように売り買いするので、これは詐欺に当たります。ネットワークビジネスは、実態があって、物も手に入って、それは本物なので、詐欺でもなんでもありません。れっきとした普通のビジネスです。

しかし似たように感じます。理由は簡単で、売り方が一緒なので「気味の悪さ」「不快感」「関わりたくない感」が一緒なのです。

 

では、なにが怪しいのか?嫌なのか?

 

具体的には「知り合いと金銭で関わることになり、信用問題でトラブルが起こる」「売り手が妄信的で怖い」「噂」という3つがあげられるのではないでしょうか。

この怪しげな商材を自分の知り合いに紹介していける精神力と営業力が肝になります。色んな物を捨てる覚悟を持ちましょう。どんなに商品が良くても「そんな怪しいものと関わりたくない」と思うのが普通の人間のサガです。

 

ネットワークビジネスは紹介者が買った商品の何%を紹介元にバックするというものです。

つまり「商品が買われた」段階で、そのつながっている紹介元の何人かに利益が発生します。紹介元の何人か、ということは、ピラミッドの上にいればいるほど儲かるということですね。

なので、先駆者が儲かります。下に行けば行くほど、儲かりません。

 

ここで1つ問題があって「商品がいいと思って買っている人」より「売るために買っている人」が多いことです。

 

後者が多いということは、ピラミッドの下にいる人はいつまでも儲からないのです。

しかし、ピラミッドというのは、いつまでも分母が広がるわけではありません、会社が成熟すればするほど、参入が遅い人は儲からないということです。

もちろん、商品を売る営業力があるからこそ、上に行くことができるのですが、それ以前にピラミッドの儲かる席取り合戦があることを意識して、会社を選びましょう。

 

今度TIENS JAPANの偉い人が参加するセミナーに行ってきますので、また記事にしたいと思います。