読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoketoの投資家への道

ひょんなことから投資に興味を持った。どんどんお金を運用するぞ!っと。

投資情報の探し方 自分の力だけで得られる情報って限られているのか?

スポンサーリンク

satoketoこと私です。投資家の知り合い達との話の中では「やれ、あの投資がどうの」「こういう●●がなんとかだ」「かの投資は堅いのか」なんて話を聞きます。

しかし、中々法外な投資資金でやっている人たちなので、参考にはなっても、できるかというと話は別です。

 

まさに、情報とは強者のものやねん、マジで。

by amazon

 

それを聞いて「次元の違う話しだなぁ~~、羨ましいこった」と思うにとどまる現在の私です。

 

ちょっと調べれば出てくる情報は、不動産投資、FX、投資信託、外国国債投資信託、生命保険という名の投資とかそんなものがかりです。

 

しかし、いかんせん、やろうかなって気持ちになるようなものはなかなかありません。

もちろん、ないこともないけれど、もっと十分に知識を頭に突っ込んでからやりたいものばかりだったり、もっと「資金があればやるのにな」ってものばかりだ。

不動産業者と話をして思ったけれど、なんだか騙し騙される世界な気がして仕方がない。騙す側に大した知識すら感じられないのでは、お金を預けようかなって気すらならない。

そもそも楽しそうに商売しているようにも見えない。投資関係の売り手さんはみんなつらそうに厳しそうに生きている。

 

この時点で「相手に儲かってもらおうと思って売っちゃいないだろうな」と思います。

 

この世界はこんなんでいいのだろうか?

お金を運用するってもっと楽しくできるんじゃないのか?

ビジネスと一緒で、どうやったらお金が回るのだろうかって世界じゃないのだろうか。

それが怪しい業者の嘘八百みたいな状態がはびこっていていいのか・・・。

 

と、まぁ、こんな具合に少しこのクローズドな世界に幻滅を抱きつつある。

というか元々、明るい気持ちのある世界ではなかったけれど、いざ少し足を突っ込んでみると、わんさか出てくる怪しい話。

 

中には、信用できそうな話もある。そういうのを少しずつ引っ張ってこれたらいいのになぁと気長に考えているこの頃です。

 

とある投資家の話では「投資情報はお金で買った方いいぞ」なのだそうだ。

無料でやっている投資情報の中には、いいものもないことはないけれど、やはり、殆どが「?」がつくものばかりだと。既に投資家になっている人のいうことは「経験談なのだろうか」と「ふむふむ」聞いているのです。

 

では「投資情報をお金で買う」とはどういうことなのか?

 

そういうコミュニティがあるらしいのだ。

 

「なんだ、そのコミュニティは・・・?」

 

例えば、投資家たちが情報を持ちあって公開しているコミュニティがあるらしい。

会員制で月額費が発生するとかそういうものらしい。いわゆる投資家たちの間で、クチコミや紹介で投資を募り合うというものだ。

 

あり得る。

十分にあり得る。

 

そもそも私がやっている投資もそんなようなコミュニティの中から生まれている気もする。

今までどおり、無料や広告的なものからの流入で顧客として投資情報に触れつつ、投資家たちの集いに少しずつ顔を出して行こうかな。

 

 

先は長そうだ。