読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoketoの投資家への道

ひょんなことから投資に興味を持った。どんどんお金を運用するぞ!っと。

インフレ対策ができる貯金と思ってはじめてみたこと

スポンサーリンク

satoketoこと私です。

なんかインフレ傾向だな~という日本です。投資関係者などなどは「インフレだー、安倍さんだー」とよく言っている気がします。

「これは、煽りなのか?」

と思いつつも、やっぱりインフレになるんだろうかなぁ、頭の端っこで思っています。まぁ、ならなければラッキ~って感じかもしれませんね。

 

嫌だな・・・インフレ貧乏(´・ω・`)

 

この間、銀行の預貯金を見て、

「本当にインフレになったら、汗水流して稼いだお金の価値が下がるのかぁ~」

と思ったので、少しリスク分散というか、インフレ2%程度はカバーできるように何かないかと思った次第です。 

 

インフレ対策でよく言われているのが、

1.株式

2.不動産

3.外貨

ですかね。

その中でも預貯金と似たような感覚で何も考えずにお金を貯める、という手法だけでやりたい場合は2か3だと思いました。1は放置しているわけにもいかない気がしませんか?

ですが、2の場合は、預貯金のように直ぐに「現金」になりませんよね。しかも貯めるどころかローン地獄と言われる始末です。

といったような感じで考えていって、できれば3が兼ねられているといいと思いました。

 

どういう資産がいいのか?

 

ということですね。しかし、3は為替だなんだと、結局そういうリスクもあります。何を選んでも一長一短あるわけです。

そこで、選んでみたのが、ドリームフライトという国産の保険です。

 

私がこちらを選んだ理由は、現段階(2016.07.06)では以下7点です。

1.契約時積立利率 2.60% 最低保証積立利率 2.00%

2.円建てで毎月定額である

3.年金受取時に指定通貨か円を選べる

4.複利である

5.生命保険控除

6.税金

7.生命保険契約者保護機構の定める『責任準備金の90%まで』保証

インフレ対策用の貯金という感じです。投資って話でもないようなそうでもないような。

 

この手の外貨関係の保険で陥りやすいのが、2の罠です。毎月、支払いが為替に応じて変動するタイプのものもあり、円安円高の落差でえらい目に合う可能性があります。まぁそんなカツカツでするなって話かもしれませんが、安心して収支を見てやっていく貯金感覚だと、毎月定額が日本人にはあっている気がします。

 

これ一本ってわけではもちろんないですが、一つの手法としてどうだろうかと。

 

日本の保険会社ってのは、色々と優遇されてるなぁ~。