読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satoketoの投資家への道

ひょんなことから投資に興味を持った。どんどんお金を運用するぞ!っと。

ビットコインの取引方法 初級編 ビットコインの買い方

スポンサーリンク

日焼けしてぐったりしておりますsatoketoこと私です。暗号通貨、ビットコインの取引について、意外と質問が多いので、買い方を記載しようと思います。流石に流行っているからでしょうかね?

 

ブロックチェーンなど技術についての本です。いろんな側面から記載されており、これを読めばだいぶわかるようになると思います。

by amazon

 

ビットコインは、まぁ外貨?と言っていいのかわかりませんが、一日に30%もの変動がある通貨とされています。これは投資でいうところのリスクが高く、つまり、儲かるときはエライ儲かる商品の1つです。個人的には、10万円~くらいの投資額で利益を得ることができると考えており、これがとても魅力的です。

通常のある程度儲かる投資商品というのは、一口数百万などですからね、貧乏人(卑屈w)でも始めることができます。ただ、もちろんのこと、堅い商材というわけではないです。ある程度の勉強と情報が必要になります。

 

さて、とにもかくにも、まずはビットコインを買わないといけませんよね。それでは買い方について、記載していこうと思います。

 

ここでは、簡単なビットコインの買い方を説明します。やり方はいくつかあるのですが手間暇かからない方法で行きたいと思います。

ビットコイン購入に必要なものは、2つです。

1.ビットコインの取引ができる取引所へのアカウント登録

2.ブロックチェーンウォレットの新規作成

1は実際にビットコインの売買を行います。いわゆる証券会社のようなものです。

2は自分専用の銀行を作るイメージです。

 

1で買ったものを2で保管する

 

という風に考えてください。暗号通貨で有名なブロックチェーンというのは、2のことですね。個人情報がわからない安全な自分だけの領域で暗号通貨を管理します。

 

さて、まず今回の記事では1を説明します。色々ありますが、大手で、私が使っているところを紹介します。ビットフライヤー です。現段階では、日本で60%くらいがこちらで取引しています。取引所自体は、いくつかあってビットコインの額も違いますから、お調べになって使いたいところを使ってもらってもいいと思います。ただ、日本はビットコインの取引関係ではトラブルがNo1なので、マイナー利用については十分に気をつけてください。

 

1.ビットフライヤー のアカウント登録

(1)ビットフライヤー にアクセスし、無料のアカウントを作成します。メールアドレスとパスワードで登録が可能です。

(2)携帯電話の登録を行い、二段階認証の設定を行いましょう。二段階認証は必須ではありませんが、私はセキュリティ上設定しています。これをすることで、ログイン時に登録メールアドレスとパスワード、都度携帯に送られる確認コードが必要になります。

やりかたは、ログイン後、「ホーム」のアカウント情報から携帯電話の登録を行います。その後、「設定」から二段階認証の設定を行いましょう。

(3)銀行口座の登録。ビットフライヤーでビットコインを買うときに、予め日本円をビットフライヤーにデポジットします。デポジットした金額でビットコインを買うことができます。デポジットの入金は、利用条件の通り携帯電話の登録で可能になりますが、出金は銀行登録が必要なので、最初から銀行登録しておいてもいいと思います。

利用条件の通り、取引金額の上限があるので、運転免許などの登録をしていただいてもいいかもしれません。

同じく、ホームのアカウント情報から設定することができます。

銀行口座の登録を行ったら、ビットフライヤーに対してデポジットを入金します。入金する際は、登録した銀行口座から入金してください。でないと、認めてもらえません。注意です。

入金確認がされたら、ビットコインの売買が可能になります。

 

買ったものは、次回の記事で記載する、ブロックチェーンウォレットに保管します。